「最近の気になるニュースは何ですか??」と、聞かれてすぐに答えられますか?
これは就職活動や様々な面接においてよく聞かれる質問です。
おそらく、日々変化する様々な情勢にどれだけ関心を持っているかを試しているのでしょう
情報化が進む現代においてより多くの情報を持つことはとても重要です。
「新聞は数ある情報源の一つで、多くの情報を持つだけでなく、様々な視点から物事を捉え、筆者は読者にその主張を伝えようとします。

「新聞評論」は自分が興味を持った記事に「社会的意義」や「コメント」を付け、まとめます。
3年生は隔週で、2年生は毎週、工期は隔週になっています。
それを先生がチェックし、評価をしてくださいます。
ゼミ生は「赤星」評価をもらうために頑張っています。
杉本ゼミでは「新聞評論」を通して、ただ記事を読むだけではなく、
その筆者の主張に対して自分はどう思うのかを考えさせます。

また、社会に出たときに必要となる、自分独自の視点や考える力が鍛えられ、社会に出たときにも大きく役立つことでしょう。

慣れない作業に戸惑うこともあると思いますが、先生や先輩がサポートしてくれるので心配はいりません。

杉本ゼミは、必ず成長することができます!
私たちと一緒に杉本ゼミで一緒に頑張りましょう!!