◆雇用分科会

 私たち雇用分科会は杉本ゼミの中でも伝統がある分科会です。
企業に採用されるときから、若手・中堅・管理職と成長していき、やがて退職するまでに生じるであろう様々な問題について研究しています。テーマとしては、人材が育つような組織のあり方とか若手社員と企業のミスマッチを防ぐにはなどがあげられます。
雇用とは大学を卒業して就職すれば誰もが一生関わるもの、
このような内容を大学生のうちからガッツリ研究すれば、
今まではぼやけていた自分の将来像が開けてくるかも!?