「CEO」

私が思う杉本先生の印象は最高責任者。
最高責任者とはトップではありますが、 実際には最高執行者ではありません。杉本ゼミでは執行部という運営そのものを 行うゼミ生がいて、実際には執行部がスケジュールや決まりを作っています。どの ゼミよりもゼミ生の意見が通りやすい。ゼミ生主体ならではだと思います。

そんな中で、杉本先生の役割は執行部への助言や最終確認、執行部のみならず、 各分科会の進捗状況やプレゼンへの講評などあくまでも助言やアドバイス程度です。

普通なら、こうした方がいいだとか、これは駄目だとか明確に発言をするものなのかも しれません。私たちもそれを先生に望んでいるのかもしれません。

しかし、そういう生き方を していたら困難にぶつかった時、おそらく人より解決するのに時間がかかってしまうでしょう。 でも、先生は私たちを大人として見てくれているからこそ助言程度にしているのだと私は思います。

社会に出て本当に身につく生き方、そういった人生観までもが身に着くように見ててくれる、本当は 優しい先生だなと思っています。